17年のファンタジーS勝馬ベルーガがロードカナロアの仔を出産

2017年のファンタジーSを制したベルーガは2019年に引退しました。

その後はオーストラリアで繁殖入りし、今年に入り ロードカナロアの仔を出産 したことが判明。

父ロードカナロアに母父キンシャサノキセキという短距離で走って来そうな血統なのでデビューが楽しみですね。

JUNのアイコン画像JUN

お母さんのベルーガも1,200mでデビュー勝ち、その後1,400mの重賞も勝っています。

ベルーガはデビュー2戦目にファンタジーSを制覇。その後、骨折が判明し約1年間の休養に入りました。

復帰戦は3着に入りましたが、その後は大敗が続き通算8戦(2-0-1-5)で引退。

ポテンシャルを秘めた馬だったので、こどもたちには期待したいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする