2021年【クラシック・ボーダーライン】優先出走・収得賞金順

タップできるもくじ

牝馬

順位馬名収得賞金
1位ソダシ2,000万円
1位メイケイエール2,000万円
1位リンゴアメ2,000万円
4位ヨカヨカ1,500万円
5位ウインアグライア1,000万円
5位ブルーバード1,000万円
5位ユーバーレーベン1,000万円
5位ラストリージョ1,000万円

上位3頭は桜花賞への出走は確実です。

過去10年で1番ボーダーラインが高かったのが、2019年の1,600万円なので、現在4位の「ヨカヨカ」も桜花賞への出走はほぼ・・確実となりました。

牡馬

順位馬名収得賞金
1位ショックアクション2,000 万円
2 位ホウオウアマゾン1,000 万円
2位カイザーノヴァ1,000 万円
2位ブルーシンフォニー1,000 万円
2位モントライゼ1,000 万円
2位ルーチェドーロ1,000 万円

ショックアクションは新潟2歳Sを勝ったことにより「皐月賞への出走を確定」させました。

ほかは1,000万円だと、まだ分からないですね。

  • 2004年 1,750万円
  • 2014年  400万円
  • 2015年 1,650万円

年によってかなり差がありますが、大体1,500万円ほどあれば出走可能となることが多いです。

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする