2021年【クラシック・ボーダーライン】優先出走・収得賞金順

コメントを見る

牝馬

馬名収得賞金
ソダシ6,850万円
メイケイエール6,200万円
エリザベスタワー3,000万円
アカイトリノムスメ2,650万円
サトノレイナス2,200万円
ファインルージュ2,150万円
リンゴアメ2,000万円
サルファーコスモス1,600万円
ストライプ1,600万円
ヨカヨカ1,500万円
アールドヴィーヴル1,100万円
ホウオウイクセル1,100万円
ウインアグライア1,000万円
オールアットワンス1,000万円
ククナ1,000万円
ブルーバード1,000万円
ユーバーレーベン1,000万円
ラストリージョ1,000万円

過去10年で1番ボーダーラインが高かったのが、2019年の1,600万円なので、「ヨカヨカ」も桜花賞への出走はほぼ・・確実だと思います。

牡馬

馬名収得賞金
ダノンザキッド5,500万円
グレナディアガーズ3,900万円
タイトルホルダー3,700万円
ステラヴェローチェ3,400万円
ラーゴム2,900万円
エフフォーリア2,800万円
オーソクレース2,600万円
グラティアス2,300万円
ピクシーナイト2,300万円
レッドベルオーブ2,300万円
ディープモンスター2,100万円
シュネルマイスター2,000万円
ショックアクション2,000万円
ワンダフルタウン2,000万円
ラペルーズ1,810万円
ヨーホーレイク1,650万円
シュヴァリエローズ1,200万円
ヴィクティファルス1,150万円

皐月賞のボーダーラインは、

  • 2004年 1,750万円
  • 2014年  400万円
  • 2015年 1,650万円

年によってかなり差がありますが、大体1,500万円ほどあれば出走可能となることが多いです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする