現役続行か?エネイブルの引退レースはアスコットになる可能性が浮上

凱旋門賞で6着に敗れたエネイブルですが、10月17日イギリス・アスコットで開催される 【英チャンピオンズフィリーズ & メアズS】に出走する可能性がある とレーシングポストが報じました。

もう1戦することについてはレーシングポスト以外の海外メディアでも「フランスでは不完全燃焼だったので、もう1戦するのではないだろうか」という声が多く出ていました。

当初は馬場が悪くなりそうなので、もう1戦するとすればBCターフが有力と言われていましたが 馬場が悪くなった場合は内側のインナーコースを利用するなどの処置をとる ため、そこまでヒドイ馬場でのレースにはならないとのこと。

英チャンピオンSには出走しないのは何故?

英チャンピオンSでのはなく牝馬限定の フィリーズ&メアズSになるのは距離 を考えてのことみたいです。

英チャンピオンSが2,000mなのにたいして、英チャンピオンズフィリーズ&メアズSは2,320m。

JUNのアイコン画像JUN

メンバーレベルもこちらの方が下ですし、出走すれば勝つ可能性は非常に高いですね。

最終的な判断をするのはオーナー

引退かもう1戦するかの判断はオーナーが判断することになりますので、どうなるかはまだ分かりません。

そして、その判断は今週末以降になるとゴスデン調教師が答えています。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする