ディープインパクト産駒ファンシーブルーが調教中の故障により引退

今年の仏オークス、ナッソーSを勝ったディープインパクト産駒の ファンシーブルーが調教中の故障のため引退 することになりました。

本来なら凱旋門賞デーのオペラ賞に出走する予定でしたが、ゲイン社の飼料から禁止薬物が検出されたため、出走を取り消し。

これにより9月のメイトロンS3着が引退レースとなりました。

通算成績は6戦(4-1-1-0)でG1は2勝。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする