有力馬は次にどのレースを走るの?

【海外馬・獲得賞金ランキング】ウィンクスは2019年に20億円に到達する予定

この記事の内容
海外馬限定で【歴代獲得賞金高額馬】をランキング形式でまとめた記事です。
日本の1位は※キタサンブラックの18億7,684万円ですが、海外ではどんな感じなのか気になったので調べてみました。
※ボーナスを含むとテイエムオペラオーの19億3,518万円になります。
ちなみにこの金額は2018年8月現在、世界一位になります。

獲得賞金 ランキング

着順 馬名 獲得賞金
1位 アロゲート 約19億1,870万円
2位 ガンランナー 約17億5,870万円
3位 カリフォルニアクローム 約16億2,280万円
4位 ウィンクス 約15億4,300万円
5位 カーリン 約11億5,500万円
6位 ハイランドリール 約11億2,700万円
7位 シガー 約11億円
8位 フリントシャー 約10億5,940万円
9位 スキップアウェイ 約10億5,780万円
10位 グロリアデカンペオン 約10億1,840万円

半数以上がダート馬ですが、これは【ペガサスワールドC】・【ドバイワールドC】の1着賞金が高額によるものです。

芝のレースだけで賞金を稼いだのは

  • ウィンクス
  • ハイランドリール
  • フリントシャー

この3頭だけですね。

[aside]フリントシャーはAWオールウェザーも1回走っています。[/aside]

 

TOP10の中で注目したいのは4位のWinxウィンクス

上位の中で現役なのは4位のウィンクスだけです。

一部のレースを除き日本とは比べ物にならないほど安い賞金ですが、2018年8月末現在で約15億円稼ぎだしています

もし、このまま引退まで無敗ならアロゲートの獲得賞金を抜き世界一になる可能性があります

 

ウィンクスが世界一なるにはいくら稼げばいいの?

ウィンクスが獲得賞金ランキングで1位になるにはあと、約4億円稼がなければいけません

 

獲得賞金ランクで世界一になるためのローテーション

施行日 レース名 1着賞金
(獲得賞金)
9月15日 ジョージメインS 約2,400万円
(約15億6,700万円)
ターンブルS 約2,400万円
(約15億9,100万円)
10月27日 コックスプレート 約2億4,000万円
(約18億3,100万円)
2019年 チッピングノートン 約2750万円
(約18億5,850万円)
2019年 ジョージライダーS 約4,640万円
(約19億470万円)
2019年 クイーンエリザベスS 約1億8,560万円
(約20億9,050万円)

予想ローテーションなのでこの通りに行くか分かりませんが、来年の【クイーンエリザベスS】まで無敗ならアロゲートを抜き世界一位に立ちます。

そして世界初の20億円ホースの誕生となります。

負ける可能性はないの?

もしこの中で負ける可能性があるとすれば、海外の強豪が出走する可能性のあるコックスプレートかなと思います

出走する海外馬

  • ベンバトル

 

【コックスプレート】で2着に負けても1位になれるの?

着順 賞金 合計獲得賞金 アロゲートの賞金
2着 6,000万円 19億1,050万円 19億1,870万円

2着ならアロゲートの賞金にわずか820万円届かず、2位でキャリアを終えることになります。

[aside]来シーズンも現役を続けるならアロゲートを超えるのは確実です。

ただし、現在7歳と言うことを考えると「今シーズン限りで引退するのでは」と思います。[/aside]

 

【おまけ】獲得賞金10位以下の馬たち

馬名 獲得賞金
ソーユーシンク 約9億5,660万円
アメリカンファラオ 約9億5,150万円
ファンタスティックライト 約9億3,360万円
シリュスデゼーグル 約9億3,000万円
サンダースノー 約9億1,930万円
トレヴ 約9億円
ブラックキャビア 約6億3,630万円

25戦無敗でキャリアを終えたブラックキャビアは6億円弱

この時代に【ジ・エベレストがあれば、あと10億円は稼げていたでしょうね。