【香港国際競走2020】日本馬が遠征する可能性はゼロに

先日、香港国際競走の登録要綱が発表されましたが 今年は日本馬が遠征することはなさそう です。

香港へ入国することができない

現在、日本から香港へ入国することができなくなっています。

期限は無期限となっていますので、年内の入国はほぼ絶望的です。

制限が解除されても行けない

もし制限が解除されても 帰国後2週間隔離される ことになるので、騎手の確保が難しくなってきます。

香港国際競走は13日に開催。

そこから2週間だと年内は騎乗することはできません。

暮れのG1を捨ててまで香港へ行ってくれる騎手はいないでしょうから、今年は諦めるしかないですね。

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする