【 キングジョージ Ⅵ & QE 】ブックメーカーオッズと上位人気馬の紹介

Bookmaker Oddsブックメーカー オッズ

馬名 オッズ
🇬🇧  Enableエネイブル 1.66
🇬🇧  Crystal Oceanクリスタル オーシャン 3.75
🇮🇪  Anthony Van  Dyckアンソニー ヴァン ダイク 8.00
🇬🇧  Defoeデフォー 13.0
🇫🇷  Waldgeistヴァルトガイスト 21.0
🇯🇵  Cheval Grand シュヴァル グラン 26.0
🇬🇧  Sslouen サルウィン 51.0
🇬🇧  Morando モランド 67.0
🇮🇪  Magic Wand マジック ワンド 101.0
🇮🇪  Hunting Horn ハンティング ホーン 101.0
🇮🇪  Norway ノルウェー 101.0

※オッズはbet365から引用。

日本馬のCheval Grand シュヴァル グラン6人気タイ(21.0倍)でした。この超強力メンバー相手に、どこまでやれるか楽しみですね

Embed from Getty Images
Cheval Grand シュヴァル グランは2017年のJapan Cupジャパン カップを制覇

上位人気馬の前哨戦を一挙紹介

ここからは上位人気馬のみになりますが、前走のレース動画を紹介します

Enableエネイブル


Eclipse Stakesエクリプス ステークス(G1・2,002m)

前走はBC Turf(プリーダーズカップ ターフ)以来245日ぶりのレースでしたが、2番手から抜け出し10連勝を達成

レース前にレーシングマネージャーから「あまりにも堅い馬場は合わない」と言われていましたが、全く問題ありませんでした。


Embed from Getty Images
Jジョンゴスデン調教師

レース後にJジョンゴスデン調教師から「85%~90%くらいまで仕上げていた」という話が出ていたので、今回はそれほど大きい上積みはないかもしれません。

それでもすでに完成されており、たとえ上積みが無くても最有力候補に変わりはありません。

 

総合評価
(5.0)

 

Crystal Oceanクリスタル オーシャン


Prince of Wales’s Stakesプリンス オブ ウェールズ ステークス(G1・2,004m)

番手追走から直線入り口で先頭に立つと、内から迫ってきたMagicalマジカルの追撃を振り切りG1初制覇。

これで通算成績は15戦8勝(8-5-2-0)。

最新の世界ランキングでは127ポンドを獲得して、世界一の座についています。


本馬には問題点が一つあり、それは騎手が固定出来ていないということです。

15戦で騎乗したことがある騎手は7人。今回もまだ誰が騎乗するか発表されていないので、そこが気がかりです。。。

 

それでも誰が騎乗しても一度も大崩れはしておらず、前走騎乗したランフランコデットーリ騎手からも高い評価を得ています。

Lanfranco Dettori世界No.1ジョッキーからのお墨付き

総合評価
(4.5)

 

Waldgeistヴァルトガイスト 

Embed from Getty Images
Prince of Wales’s Stakesプリンス オブ ウェールズ ステークス(G1・2,004m)

レースは後方から追い込もうとするも、先に抜け出した2頭には届かず着入線。

血統を見ると重馬場は合いそうでしたが、鞍上のブドー騎手はレース後に「動きが別馬だった」とコメント。

良馬場なら巻き返してきそうです 


Embed from Getty Images
凱旋門賞7勝の実績を持つ名将Andre Fabreアンドレ ファーブル調教師

本馬は重馬場のG2を勝利したこともあるのですが、アンドレファーブル調教師からは「その時の馬場と今回は別物」とのことでした。

総合評価
(4.0)

 

Anthony Van  Dyckアンソニー ヴァン ダイク


Irish Derbyアイリッシュ ダービー(G1・2,414m) 

8頭中5頭が同厩舎というメンバー構成での一戦( pace makerペース メーカー役も準備)。

直線で離れた4番手から同厩舎のペースメーカーを猛追もうついするも、2着に上がるのが限界でした。

 

Epsom Derby英ダービーとのダブル制覇を目指しましたが、ちょっと厳しい展開になってしまいました。


前走はシーミーヘファーナン騎手からライアンムーア騎手への乗り替わりとなっています。

 

エイダンオブライエン厩舎の最有力馬には基本的に・・・・ライアンムーア騎手が乗るということになっているので、こればっかりはしょうがないですね。

Embed from Getty Images
厩舎の主戦ジョッキーはライアンムーア騎手

総合評価
(3.5)

 

Defoeデフォー


Hardwicke Stakesハードウィック ステークス(G2・2,406m)

道中は中団〜後方よりで追走し、最後の直線では後方2.3番手から追い込み重賞2連勝。

早めに鞍上の手が動くなど少々ズブい面がありますが、エンジンが掛かるとあっという間に前をとらえて完勝。


Embed from Getty Images
主戦は日本での騎乗経験もあるアンドレアアッゼニ騎手

最終的によく分からない形で途中帰国してしまった、アンドレアアッゼニ騎手が主戦をつとめています。

総合評価
(4.0)

 

カンタンですが、こんな感じで紹介は終わります

コメントを残す