父は園田の2,000勝騎手!永島まなみ騎手が3月にJRAでデビュー

この記事の内容

今年の3月にJRAからデビューする 永島まなみ騎手のプロフィール をまとめています。

目次

プロフィール

名前永島まなみ
生年月日2002年10月27日
年齢18歳
出身地兵庫県
模擬レース成績2勝

永島まなみさんは父の影響もあり5歳には騎手になることを決意。

小学校高学年のころに乗馬を始めて、2015年の「ジョッキーベイビーズ」の関西地区予選の決勝戦に出場しています(結果は最下位)。

その後2018年にJRAの競馬学校へ入学、このまま順調にいけば2月に競馬学校を卒業し3月に騎手デビューとなります。

父は園田の元騎手「永島太郎」

父は地方で通算2,000勝以上を挙げた永島太郎元騎手です(現調教師)。

1,800勝達成時の写真。

模擬レースでは2勝を挙げている

模擬レース初勝利は10月8日、千葉県白井市にある競馬学校で行われたレースでした。

騎乗馬はクラシックシャトルという馬で、最内枠からの発走でハナを奪うとそのまま逃げ切り勝ち。

10月23日には東京競馬場で行われた模擬レース(ダ1,400m)で後方から追い込み模擬レース2勝目を挙げています。

所属は関西の高橋康厩舎

所属先は高橋康厩舎となることがすでに決定しています。

地方競馬の調教師を父に持つ永島は、すぐに厩舎の環境にも慣れて、いい準備ができている印象。高橋師はジョッキー出身だし、何よりも女性スタッフが他厩舎より多いので、笑顔が絶えません」

引用:2021年の競馬界を占う!藤田菜七子と「東西二世騎手」が飛躍する根拠とは?

何よりも女性スタッフが他厩舎より多いので、笑顔が絶えません

女性スタッフが多いのはメンタル面で支えになってくれそうですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる