【パット・スマレン騎手】すい臓癌により43歳の若さで死去

アイルランドで9度のリーディングジョッキーに輝いたパット・スマレン騎手が、すい臓癌により亡くなったと「Racing Post」が報道しました。

スマレン騎手は治療中に体重が約6.4㎏増えてしまい、落とすことが出来ず(免疫力低下につながるため)昨年5月に引退を発表。

手術は成功したとの報道がありましたが、残念な結果となってしまいました。

合掌。

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする