凱旋門賞3着馬ペルシアンキングは引退→種牡馬入りが濃厚

本日、海外メディア「At The Races」が ペルシアンキングがこのまま引退する可能性が高い ことを報じました。

これは管理するファーブル調教師がインタビューで答えたものです。

ぺルシアンキングは2週間後にイギリス・アスコット競馬場で開催される英チャンピオンSに登録していますが、ファーブル調教師は「このレース出走させるつもりはなく、コロナの影響で海外にいくのも難しいのでアメリカ遠征もない」とコメントしています。

すでに種牡馬入りも決定しているので、凱旋門賞がラストランとなりそうです。

HAPPY RETIREMENT!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする