オブライエン調教師が語るラブの重馬場適性「ラブは・・・」

今年の凱旋門賞は降り続く雨により昨年同様 重馬場での開催が決定 しました。

JUNのアイコン画像JUN

木曜日か金曜日あたりに結構降るみたいなので、かなり悪い馬場になるかもしれません。

ブックメーカーのbet365ではこれまで3歳牝馬ラブに1人気の評価を与えていましたが、週末も雨が止まないことから 再びエネイブルを1人気 に押し上げました。

オブライエン調教師のラブに対するコメント

オブライエン調教師は海外メディアのインタビューで「降り続く雨はラブにとって有利ではない、キレイな走りをするので良馬場でのレースが望ましい」とコメントしました。

ただ「今年は本当に強くなっている」とも答えており、完全にダメなわけではないというニュアンスの表現もしています。

JUNのアイコン画像JUN

走ってみないと分からないけど、やっぱり重馬場より良馬場希望みたいですね。

ちなみにラブは2歳時に稍重のレースを3回経験していますが、一度も勝てていません。今年の圧勝劇はいずれも良馬場です。

ブックメーカーの売れ方にも変化が

週末の雨予報を受けて各ブックメーカーでは「重馬場適性もある馬たちが売れてきた」と言っています。

コーラルの場合

ブックメーカーのコーラルでは「ラブにとって良い馬場は望めないと思う。その結果 重馬場でも対応できるエネイブル、ストラディバリウスなどが売れてきた 」とコメント。

ラドブロークスの場合

「ストラディバリウス、インスウープなどが売れてきた」報告しています。

まとめ

色々と記事を読むとラブにとって重馬場は不利。

エネイブル、ストラディバリウス、インスウープなどが重馬場の恩恵を受ける可能性が高いのでは?

ということでした。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする