【サウジカップ】未払いだったクリソベリル、ゴールドドリームへの賞金が支払われることに|2021年の開催日程も決定

先日サウジカップについてのニュースが2件発表されました。

  1. 未払いになっていた賞金の支払いが決定(2着~10着馬)
  2. 来年のサウジカップの開催日が決定

この2つのニュースを簡単に説明していきます(記事中の賞金は全て、1ドル=110円で計算しています)。

賞金の支払いが決定

日本時間8月10日深夜に海外メディア「Blood Horse」が サウジカップで2着~10着に入った馬の賞金を支払うことを発表 しました。

ただし、1着入線だったマキシマムセキュリティへの支払い(11億円)は、薬物問題が解決してからになるとのこと。

出走した日本馬に支払われる金額は?

今年のサウジカップにはゴールドドリーム、クリソベリルが出走しました。

2頭に支払われる金額は以下のとおり。

  • 6着 6,600万円 ゴールドドリーム
  • 7着 5,500万円 クリソベリル
JUNのアイコン画像JUN

クリソベリルはキャロットクラブの所属馬、出資者の人たちからしたらようやくと言った感じですね。

マキシマムセキュリティが失格になった場合

マキシマムセキュリティが失格になった場合は一つずつ順位が繰り上がることになるので、支払われる金額は以下のように変わって来ます。

ゴールドドリームの場合(6着→5着)

5着の賞金は1億1,000万円になるので、差額分は4,400万円。

クリソベリルの場合(7着→6着)

6着の賞金は6,600万円になるので、差額分は1,100万円。

これらの金額が後日振り込まれることになります。

来年の開催日も決定

来年のサウジカップは2021年2月20(土)に開催されることが決定しました。

そして、前日の19日(金)には騎手招待競走「インターナショナルジョッキーチャレンジ」が開催されるとのこと。

フェブラリーSと日程がかぶる可能性がある

2021年のJRAの開催日程はまだ発表されていませんが、例年どおりの日程だとフェブラリーSとかぶります。

JUNのアイコン画像JUN

招待された日本馬はどっちを取るか悩ましいところですね。賞金か勝てる可能性の高いほうを選ぶか。

前日には「騎手招待競走」もあるので武豊騎手は来年も選出されそうですし、陣営は色々と悩むことになりそうですね。

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする