【レース動画】中国へ移籍したゼーヴィントの結果は?中国のレベルは?

先日、元シルクホースクラブの「ゼーヴィント」が中国で行われたレースに出走しました。

競馬場内モンゴル自治区科尔沁競馬場
距離ダート2,400 m
砂厚15 ㎝
クラス未勝利戦

もともと競走馬としてではなく種牡馬として中国へ渡りましたが「種牡馬としての価値を高めたい」ということで、こちらでも走ることになりました。

Twitter

中国のレース番組のうち80%がダートレースなので、ゼーヴィントの配合相手を集めるためにダートレースで実績も必要です。

レース動画

レース映像は「香港ウィニングホースクラブ」の楊さんがツイッターに投稿してくれました。

Twitter

4コーナー手前からのレース映像です。

3着からは離された4着入線となりましたが相手は豪州、欧州の重賞馬ということで、未勝利戦とはいえレベルが低かったわけではなかったみたいです。

もちろん相手も豪州や欧州の重賞馬ばかりなので、復帰1戦目の内容として悲観ではありません。

日本のレースとタイムを比較

ゼーヴィント出走レースの1着馬3 分 01 秒 13
成田特別(中山・1000万下)2 分 34 秒 7
松戸特別(中山・1000万下)2 分 36 秒 8

今年、中山競馬場で行われたレースとタイムを比べると30秒近くの差があります。

砂圧は「JRA→9.0㎝」にたいして「中国→15㎝」とかなり深い馬場なので、タイムもかかりますがそれでもちょっと遅すぎる気がします。

ゼーヴィントの次走は?

楊さんのツイッター経由でしか情報が入ってこないので次走はまだ分かりませんが、8月29日~30日にまた開催があるということなので、ここを使ってくるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする