凱旋門賞馬ソットサスが引退→種牡馬入りが決定

今年の凱旋門賞を制したソットサスが引退したと、フランスメディアが報じました。

今後は種牡馬になる予定。

(ちなみに本馬は今年クールモアが50%の株を購入しています)。

3着馬のペルシアンキングもすでに引退が決定しており、来年の凱旋門賞は全く違う顔ぶれになりそうです。

引退が決定している馬

  • エネイブル(まだ確定ではない)
  • ソットサス
  • ペルシアンキング

エネイブルは引退しないとしても、あと一戦するかどうかです。

凱旋門賞2人気のストラディバリウスは来年も走りますが、目標は2009年にイェーツが達成したゴールドカップ4連覇になります。

その後も走るかもしれませんが、おそらく凱旋門賞には出走しないと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

海外競馬の情報・出来事を書いています。現役馬ではDarain、Qous、Satono Japan、Moshimoshi、Battleground、Domino Darlingに注目、(そのうち)馬を買います。

コメント

コメントする