昨年のWHステイヤーズミリオンを制覇し100万ポンドのボーナスを獲得したStradivariusストラディバリウスが、今年もヨークシャーCから始動することが発表されました

 

Stradivariusストラディバリウスのプロフィール

Embed from Getty Images

生年月日 2014年2月28日
毛色 栗毛
調教師 JohnGosdenジョン ゴスデン
通算成績 14戦(9-1-2-2)
獲得賞金 約3億6,600万円(ボーナス含む)
受賞歴 カルティエ賞 最優秀ステイヤー(2018年)

※1ポンド=140円で計算しています。

3着以下に敗れたのは適性距離外のマイル戦のみ。2,800m以上は9戦(7-0-3-0)とほぼパーフェクトな成績を残しています。

 

血統

Sea The Starsシー ザ スターズ Cape Crossケープ クロス
Urban Seaアーバン シー
Private Lifeプライベート ライフ Beringベーリング
Poughkeepsieポキプシー

 

管理調教師はJohn Gosdenジョン ゴスデン

Embed from Getty Images

海外競馬に馴染なじみの方は名前を聞いても分からないと思いますが、凱旋門賞を2連覇したEnableエネイブルを管理している調教師です。

3歳馬だと英ダービーで上位人気の評価を得ているTo Darn Hotトゥー ダーン ホットを管理しています。

 

WH Stayers' MillionWH ステイヤーズ ミリオンとは?

イギリスで行われる指定された4レースを制した馬に、100万ポンド(約1億4,000万円)のボーナスが与えられるというものです。

 

これは2018年より発足されたもので、対象レースは全て長距離レースになっています。

 

対象レースは以下の通り

開催月 レース名
5月 サガロS
オーモンドS
ヨークシャーC
ヘンリーⅡ世S
6月 ゴールドC
7月 グッドウッドC
8月 ロンスデールC

毎月3,000m近くのレースを走らなければいけないため、ボーナスを獲得というのは不可能に近いものです。

 

実際ロンスデールCが発足した1980年以降、ゴールドC→グッドウッドC→ロンスデールCを制した馬は一頭もいませんでした。

 

しかし、このボーナス制度が設立された初年度に本馬が指定4レースを制すという偉業を達成し、ボーナスを獲得。

 

レース映像は以下にまとめたので見てください。

 

【1戦目】Yorkshire Cupヨークシャー カップ

開催日 5月18日
施行競馬場 ヨーク
距離 芝2,800M
G2

約7か月ぶりのレースでしたが最後の直線ただ一頭馬なりで上がって来ると、最後は後続を3馬身ほど突き放し快勝。

 

前年にはグッドウッドC(G1)を勝つなど長距離で頭角を現していましたし、ここは負けられない一戦でしたね。

 

【2戦目】Ascot Gold Cupアスコット ゴールド カップ

開催日 6月21日
施行競馬場 アスコット
距離 芝3,990M
G1

2戦目はロイヤルアスコット開催のゴールドC。

メンバーレベルは前走から一気に上がり、重賞13勝馬Vaziravadヴァジラバド・王者Order of  St Georgeオーダー オブ セント ジョージとの対戦に。

 

直線はVazirabadヴァジラバドとの競り合いになりましたが、最後は競り合いを制し半馬身ほど出てのゴール。

 

【3戦目】Good Wood CuPグッド ウッド カップ

開催日 7月31日
施行競馬場 グッドウッド
距離 芝3,200M
G1

逃げたTorcedorトルセドールをゴール前でとらえグッドウッドC連覇達成。

着差を付けて勝つタイプではないですが、毎回勝ち切る勝負強さを持っています。

 

そして、この勝利でWHステイヤーズミリオンに王手をかけました。

 

ちなみにこのレースはLデットーリ騎手が騎乗停止中だったため、Aアッゼニ騎手に乗り替わっています。

デットーリ騎手は一週間前に騎乗停止6日の処分を受け騎乗できず。

 

【4戦目】Lonsdale Cupロンスデール カップ

開催日 8月24日
施行競馬場 ヨーク
距離 芝3,250M
G2

直線では一旦うちに押し込められたましたが、外に持ち出すとジワジワと脚を伸ばしCount Octaveカウント オクターヴをとらえて優勝。

 

わずか3ヶ月の間に1万3,240mを走るという日本ではあり得ないようなローテーションでしたが、あっさりとミッションをクリアしてしまいました

 

しかも本馬はこの2ヶ後にアスコット競馬場で芝3,200mのG2レースに出走、直線で驚異的な粘り腰を発揮し5連勝を達成しています。

 

まとめ

今年の初戦ヨークシャーCは5月17日にヨーク競馬場にて、8頭立てで行われます。

 

相手は今年のドバイゴールドCで2着に入ったIspoliniイスポリーニがいますが、実績・能力ともに本馬が一枚も二枚も上手。

 

2年連続のWHステイヤーズミリオン制覇に向けて、まずはどんな走りを見せてくれるのか注目の一戦になります。

おすすめの記事