【一覧】2020年に短期免許で来日する外国人ジョッキー

【1位は51億円】高額なシンジケートが組まれた種牡馬ランキング

JUN
今年アメリカのCalifornia Chromeカリフォルニア クロームが16億円で日高に導入されました。

そのニュースを見てLammtarraラムタラを思い出したので、高額でシンジケートが組まれた種牡馬を調べてみました。

高額シンジケート
ランキングTOP10

  • ディープインパクト  51億円
  • ラムタラ       44億2,800万円
  • ウォーエンブレム   30億円
  • サンデーサイレンス  25億円
  • キングカメハメハ   21億円
  • ナリタブライアン   20億7,000万円
  • エリシオ       19億8,000万円
  • ヘクタープロテクター 19億8,000万円
  • シンボリクリスエス  19億5,000万円
  • アグネスタキオン   18億円
  • エルコンドルパサー  18億円
  • オグリキャップ    18億円
  • ダイワメジャー    18億円

(もしかしたら)この中にロードカナロアが入るかもしれないですが、調べても情報が出てきませんでした。

神の脚
ラムタラ購入までの流れ

STEP.1
日高
2,000万ドルで購入オファーを出す
STEP.2
モハメド殿下
自分にとって初めてのダービー馬、売ることはできない
STEP.3
日高
購入金額を2,500万ドルに引き上げ再度交渉する
STEP.4
モハメド殿下
No
STEP.5
仲介者
3,000万ドルまで上げないと無理かも
STEP.6
日高
仲介者の言われた通りに3,000万ドルでオファー
STEP.7
モハメド殿下
OK

当時のラムタラへの評価

吉田照哉氏「ラムタラ産駒が活躍する可能性はゼロではないが、常識的に考えれば厳しい」。

日高関係者「ラムタラが地獄から救ってくれるんじゃないか」。

NHKの番組でのコメント

結果は皆さんご存じのとおり、残念ながら日高関係者の願いが叶うことはなく 2006年に2,750万円でイギリスに買い戻される こととなりました。  

そのほかの
10億円以上でシンジケートが組まれた種牡馬たち

  • タイキシャトル     16億6,000万円
  • カリフォルニアクローム 16億円
  • スーパークリーク    15億円
  • ハーツクライ      15億円
  • ジャングルポケット   14億1,000万円
  • グラスワンダー     13億8,000万円
  • キタサンブラック    13億5,000万円
  • タニノギムレット    13億2,000万円
  • ヴィクトワールピサ   12億円
  • スペシャルウィーク   12億円
  • ネオユニヴァース    12億円
  • サクラローレル     11億9,000万円
  • アイルハヴアナザー   11億2,000万円
  • メイショウサムソン   10億8,000万円
  • マンハッタンカフェ   10億5,000万円
  • サトノダイヤモンド   10億円前後
  • シンボリルドルフ    10億円
  • タマモクロス      10億円
  • ナスエルアラブ     10億円
  • フサイチコンコルド   10億円

10億円以下で
シンジケートが組まれた種牡馬

  • ゴールドシップ    9億8,000万円
  • キズナ        9億円
  • メイショウドトウ   9億円
  • マヤノトップガン   7億2,000万円
  • エイシンフラッシュ  4億8,000万円
  • サクラバクシンオー  4億8,000万円
  • スズカマンボ     4億8,000万円
  • アドマイヤコジーン  4億5,000万円
  • ブラックホーク    4億2,000万円
  • エアシャカール    3億6,000万円
  • サトノクラウン    3億6,000万円
  • ダンカーク      3億2,000万円
  • バトルプラン     2億7,500万円
  • スマートファルコン  2億4,000万円
  • カジノドライヴ    2億円
  • ナカヤマフェスタ   1億5,600万円
  • ベーカバド      1億4,400万円
  • ヴァーミリアン    1億2,000万円
  • オレハマッテルゼ   1億1,500万円
  • カネヒキリ         9,600万円
  • サムライハート       1,800万円

コメントを残す