有力馬の次走情報(開催日程)

【一覧表】開催レースと賞金:サウジカップ以外は微妙。。。1着賞金1億円超えは3レースのみ

これまでサウジアラビアで一番賞金の高いレースは、キング・アブドゥルアズィズ・カップの賞金総額1,800万円でした。

それが2018年に突如とつじょ高額賞金レースを開催することを発表

当初の予定では2019年に第一回が開催される予定でしたが延期。

情報がほとんど入って来ないので本当に開催されるか分かりませんでしたが、無事に2020年に開催されることが発表されました。

 

このレースには日本馬も出走する可能性があるということなので、当日に開催されるレースと賞金をまとめました。

開催日程

開催日 2020年2月29日
開催国 サウジアラビア
パート パート3国
施行競馬場 キング・アブドゥル・アズィズ競馬場
コース 左回り
直線(ダートコース) 約400m
登録期限 2020年1月7日

開催レース

レース 距離 条件
ジョッキークラブ・ローカルハンデキャップ ダ1,800m サウジアラビア調教馬限定レース
リヤドダートスプリント ダ1,200m 3歳上
1351ターフスプリント 芝1,351m 4歳上(南半球産は3歳上)
リヤドダートマイル ダ1,600m 3歳馬限定レース
ネオムターフカップ 芝2,100m 4歳上(南半球産は3歳上)
アラビアンクラシック ダ2,000m 純血アラブ限定レース
レッドシーターフハンデキャップ 芝3,000m
4歳上(南半球産は3歳上)
サウジカップ ダ1,800m 4歳上(南半球産は3歳上)

当日に開催されるレースは全部で8レース。

もともとダートとオールウェザーしかありませんでしたが、急きょ芝コースも作られることになりました。

(オールウェザーのコースはなくなったかも?)。

 

日本馬は出走できるか分かりませんが、出走を検討けんとうしているのは以下の5頭。

  • クリソベリル
  • ゴールドドリーム
  • ディアドラ
  • フルフラット
  • マテラスカイ

クリソベリルとゴールドドリームはサウジカップ。

ディアドラは芝レースのネオムターフカップを目指すのではないでしょうか(サウジカップの可能性もあり)。

フルフラットは3歳馬限定のリヤドダートマイル、マテラスカイはダートスプリントへ出走する予定です。

賞金

レース名 総賞金 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 10着
ジョッキークラブ・ローカルハンデキャップ 5,500万円 3,300万円 1,100万円 550万円 275万円 165万円 110万円
リヤドダートスプリント 1億6,500万円 9,900万円 3,300万円 1,650万円 825万円 495万円 330万円
1351ターフスプリント 1億1,000万円 6,600万円 2,200万円 1,100万円 550万円 330万円 220万円
リヤドダートマイル 8,800万円 5,280万円 1,760万円 880万円 440万円 264万円 176万円
ネオムターフカップ 1億1,000万円 6,600万円 2,200万円 1,100万円 550万円 330万円 220万円
アラビアンクラシック 2億900万円 1億2,540万円 4,180万円 2,090万円 1,045万円 627万円 418万円
レッドシーターフハンデキャップ 2億7,500万円 1億6,500万円 5,500万円 2,750万円 1,375万円 825万円 550万円
サウジカップ 22億円 11億円 3億8,500万円 2億2,000万円 1億6,500万円 1億1,000万円 6,600万円 5,500万円 4,400万円 3,300万円 2,200万円

サウジカップはすごいですけど、それ以外はかなり微妙びみょう。。

招待レースでほぼ全てを主催者側が負担ふたんしてくれるみたいですが、遠征は馬へのダメージがデカく返ってきてからリズムをくずし、本来の力を出せずそのまま引退。

というパターンもよくありますからね。

 

サウジカップもペガサスワールドカップの賞金が大幅に削減さくげんされたことにより、こちらに回ってくる馬が多くなりハイレベルな一戦となりそうです。

 

このあとドバイに行くなら前哨戦ぜんしょうせんとして使うのはいいですが、賞金目当てで行くようなレースではないですね。

コメントを残す