有力馬は次にどのレースを走るの?

【海外馬 限定】世界歴代最強馬を距離別にまとめてみました!

strongest-horse

この記事は書き直している最中なので、途中で文字が消えているところがあります。すみませんがご了承ください。

2~3日以内に完成させます。

短距離部門

牡馬 オーバードーズ
(通称:ブダペストの弾丸)
19戦(16-0-0-3)
セン馬 テイクオーバーターゲット 41戦(21-6-4-10)
牝馬 ブラックキャビア 25戦(25-0-0-0)

オーバードーズ

オーバードーズはハンガリー国内で無敗の強さを誇ったスプリンターです。

芝の短距離という2着との差のつきづらい舞台ではありますが、本馬が 2着につけた合計着差は100馬身以上

テイクオーバーターゲット

世界中の競馬場を走りオーストラリア・イギリス・シンガポール・日本の 4ヵ国で 計7つのGⅠレースを制覇 しました。


2006年のスプリンターズSでは外枠から先手を奪い取り逃げ切っています。

ブラックキャビア

活躍は国内だけにとどまらずイギリスのアスコット競馬場で行われた ダイヤモンドジュビリーS も勝っています。


最後は詰め寄られましたが、タフなアスコットで勝利を収めています。

マイル部門

牡馬 フランケル 14戦(14-0-0-0)
セン馬 ソロウ 18戦(13-2-1-2)
牝馬 ゴルディコヴァ 27戦(17-6-3-1)

フランケル

稍重で開催された2012年の クイーンアンS を11馬身差で勝利。

その11馬身ちぎった2着馬 エクセレブレーション はその後 マイルG1を2連勝する活躍 を見せています。


全レースの直線動画をまとめた動画。カッコいいですね!!

ソロウ


ゴルディコヴァ

マイルGⅠ・13勝という素晴らしい成績を収めた名牝です。

後続をちぎるタイプではありませんでしたが、勝ち切る勝負強さを持っていました。

中距離部門

牡馬 ダンシングブレーヴ 10戦(8-1-0-1)
セン馬 シリュスデゼーグル 67戦(22-20-6-19)
牝馬 エネイブル 11戦(10-0-1-0)

ダンシングブレーヴ

 

シリュスデゼーグル

2010年のジャパンCで9着に敗れるも翌年の英チャンピオンSを6人気で制し カルティエ賞 最優秀古馬 を受賞しました。

https://youtu.be/hsFkKxQUMmU

ちなみに引退後はCスミヨン騎手の自宅で余生を過ごしています。

エネイブル

英&愛オークス、両レースを5馬身差で勝利し 牝馬として初めて キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS凱旋門賞 を制しました。


長距離部門

牡馬 ストラディヴァリウス 14戦(9-1-2-2)
セン馬 イェーツ 26戦(15-2-2-7)
牝馬 マカイビーディーヴァ 36戦(15-4-3-14)

イェーツ

アスコットゴールドカップ を2006年~2009年まで4連覇しており カルティエ賞 最優秀ステイヤー も4年連続受賞しています。


この条件では圧倒的な強さを誇っていました。

マカイビーディーヴァ

2005年の天皇賞(春)に出走した時は7着に敗れてしまいましたが メルボルンC 3連覇 という偉業を達成しています。


ただ馬場に大量の水を撒いて マカイビーディーヴァ に有利な馬場にした疑惑がありますが…

ダート中距離

牡馬 セクレタリアト 21戦(16-3-1-1)
セン馬 フォアゴー 57戦(34-9-7-7)
牝馬 ビホルダー 20戦(15-3-0-2)

セクレタリアト

アメリカ 3冠レースを全てレコードタイム で駆け抜けています。

しかもその記録は 40年以上経ったいまも更新されていません


フォアゴー

 

ウッドワードS(G1・ダ1800m)を4連覇し1974年~1978年にかけて3年連続でエクリプス賞年度代表馬を受賞しています。

ビホルダー

GⅠ・11勝の実績を持ち 最強牝馬決定戦のBCディスタフを2勝 しています。


2勝目は デビューから11連勝中だったソングバードとのマッチレース になりましたが、最後は首の上げ下げで勝利。

オールウェザー

牝馬 ゼニヤッタ 20戦(19-1-0-0)

ラストランとなった2010年のBCクラシックは2着に敗れてしまいましたが オールウェザー戦に限れば17戦無敗 です。


後方から追い込んで来るのは、見ていて気持ちいいですね!

グランドナショナル

セン馬 レッドラム 5戦(3-2-0-0)

3勝目は トップハンデ73.5㎏での出走 でしたが 2着以下を20馬身以上ちぎる というとんでもない走りを披露してくれました。

https://youtu.be/8DXR3FOA_o0